プログラミングの勉強を仕事に活かす〈テクニック編〉

前回に引き続き、プログラミングの勉強から学んだことと、それを仕事に活かす方法を考えます。

 

今回も参考にしたのはこちらの本。

 


教養としてのプログラミング講座【電子書籍】[ 清水亮 ]
 

 

今回は、個別のテクニックごとに、実際の仕事での活かし方について見ていきます。

 

 

 

 

 

 

 

プログラミングのテクニック

アルゴリズム

プログラマー的思考の基本中の基本。ある問題を解くための手順を、誰でも確実にこなせるよう、一つの形に整理したもののことを指します。

 

②処理、分岐、ループ

プログラムの基礎パーツ。

 

〈処理)作業そのもの。ある処理は、また別の処理の組み合わせでできています。

 例:テスト用紙を受け取る。点数を確認する。テスト用紙を仕分ける。など。

 

〈分岐〉ある条件を満たしたときに処理の流れを変えること。

 例:「もしテストの点数が70点以上だったら」、Aの箱に仕分ける。

 

〈ループ〉繰り返しのこと。

 例:全ての答案用紙について以下の作業を繰り返す。

   答案用紙を手に取る。点数を確認する。点数が70点以上ならAの箱、70点未満ならBの箱に入れる。

 

③ルーチンと関数

 決まり切った作業を表すルーチンには2つあり、それは、プログラムに一つしかない処理全体の流れを決める部分をメインルーチンと、メインルーチンから呼び出される処理の個別部分を表すサブルーチンです。

プログラムは一つのメインルーチンと、たくさんのサブルーチンによって構成されています。

 

サブルーチンには色んな処理が含まれますが、それを関数を使って整理していくことで、全体の構造をすっきりさせ、能率を格段に上げていくことができます。

 

仕事への活かし方ー作業手順書や引き継ぎ書の作成ー

仕事では漏らさず無駄なく業務を行っていく必要がありますよね。さらにその業務を引き継いでいく場合などは特に漏れがないか気を遣います。

 

そこで、業務を作業手順書に落とし込んでみましょう。具体的に作成していくために②処理・分岐・ループが大事になります。

 

業務は単純で直線的な作業フローとなるわけではありません。例えば、メーカーであれば、在庫量が規定量を超えた場合の対応や、納期遅れの製品が発生した場合の対応の仕方など、状況に応じてやるべきことが変化してきます。

 

そういった場合分け(ここでいう条件)をはっきりさせることで、迷うことなく時間を無駄にすることなく業務を行えるし、無駄な確認作業がかなり減らせます。

 

さらに関数の考え方を使って、出力の仕方をパターン化すると更に楽になります。例えば、状況に応じた情報発信の仕方などをパターン化してみましょう。お客様からの声を一定量集約したら 、その結果次第で発信先や発信内容を決めてみるなどです。

 

 

 

 

ハイパーリンク

あるアンカー(リンク元)が選ばれたら、指定のジャンプ先に飛ぶこと。インターネット上ではおなじみですね。

 

⑤ハッシュ+テーブル

ハッシュとは、あるデータが持つ特徴を表す別のデータのことです。テーブルとは表のことです。

 

⑥計算テーブル

あらかじめ、ある計算の結果を表にしたものです。たとえば回転寿司の皿をカウントして、皿数に応じて料金が決まるしくみなどが好例です。

 

 

 

プログラミングの勉強を仕事に活かす〈原則編〉

普段私は全くプログラミングとかITとは縁遠い仕事をしています。Excelを毎日使う程度で、システム構築とかは全くやったことがありません。

 

しかしこれからの時代、ITに対する教養は必須知識だろうと思い、いくつかプログラミングの本やIoTの本を買ったりして情報収集を行っています。

 

そんな中でプログラミングの本を読んでいると、「あれ、これって普段の仕事とすっごく似てない?」と思うようになりました。今回は、プログラミングの基本的な知識を学んで、仕事に活かす方法を考えました。

 

 

 

 

「教養としてのプログラミング講座」

まず今回読んだ本はこちら。


教養としてのプログラミング講座【電子書籍】[ 清水亮 ]
 

 

プログラミングの基本ルール

①あくまでコミュニケーションである

プログラミングとは、思った通りに動いてもらうためのコミュニケーションの一つの形態です。こちらがどれだけ親切に丁寧に話してあげるかが、大事なのです。

 

②伝えたいことを漏らさない

筆者は例として子供におつかいを頼むことを挙げています。

例えば、小さい子供に対して、

「1,000円で、りんご2個とみかんをいくつか買ってきてね。もし安ければ、いちごも買ってきて。新しいジャンプが出ていたらそれも買ってきて。」

ということを言ったとします。このお願いにはいくつも問題があることは感覚的にわかりますよね。

・みかんを何個買えばいいのかわからない。

・いちごの値段の判断基準がわからない。

・お店に置いてあるジャンプが最新のものか判断できるかわからない。

などです。

もし、狙い通りの結果を得たいのであれば、例えば次のようにお願いすべきです。

「1,000円で、

 りんご2個とみかんを4個買ってきてね。

 もし1パック200円以内なら

 いちごも買ってきて。

 ジャンプの30号が置いてあったら

 それも買ってきて。」

 

以上のように、誰でも判断できるように基準を明らかにしてお願いすることが、狙った結果を得るために重要だということです。

 

 

基本ルールから学べることー同僚や部下などへの指示の仕方ー

以上のプログラミングの基本ルールをいかに仕事に活かすか考えました。

 

皆さんの上司や同僚に指示が曖昧で困ってしまう人はいないでしょうか。指示が曖昧でどこまでの水準を求められているのかがわからず、そこそこで提出したら分析が甘いと叱り、細かいところまで詰めていたらスピードが遅いとなじる、といったような。

 

私自身、後輩に業務の依頼をしたり指示を出したりする際に、曖昧な言い方をして後輩を困らせているなと感じる時がたびたびあります。

 

指示を受けた時点で要求水準を確認するなり、うまく要求を汲み取って指示を遂行する人はいて、そういう人たちのことを優秀と呼ぶのでしょう。しかし、みなが優秀な人材ではありませんし、そもそも指示を出した側も指示している時点では具体的に何を要求しているのかがはっきりしていないことも多いから、このような現象が起きると思うのです。

 

ですので、同僚や部下へ指示を出す際に考えるべきことを以下のようにまとめました。

 

①期待する要求内容をはっきりさせる

指示を出す側がまず、「求めていることは何か」「なぜその指示が必要なのか」をはっきりさせるべきです。ゴールと目的を共有することで、大枠を設定して、相手が思わぬ方向に行くことを防ぐことができます。

 

②条件を具体的に示す。

具体的に「いつまでに回答が必要か」「どの程度の水準のアウトプットが必要か」「足下抱えている案件との優先順は」などの具体的な条件を示すことが大事です。

重要な条件ほど、強調して伝えることが大事です。

 

 

 

まとめ

仕事相手は思い通りに動いてくれないものですが、それは自分の指示やコミュニケーションの仕方が悪いのかもしれません。

プログラミングの原則に則って、狙った結果が得られるかどうかを念頭に置きながら会話をしてみると、ゲーム感覚でマネジメントスキルを獲得できそうですね。

 

私も明日から実践してみます。 

 

 

 

 

 

 

ネットでsurface購入!でもエラー多発...。どうしたら?

先週の頭に新しいパソコンが届きました。

surface pro!かっこいい!!

 

f:id:konechan916:20180811142404j:image

 

大学生からずっと使っていたMacBook Airがうまく充電ができなくなって、新しいパソコンを買おうと思っていました。MacBookを再度購入することも考えましたが、職場ではExcelを毎日使うので自分でプログラミングしてマクロを自在に使えるように練習したいと思い、Windowsで絞りました。

 

最近ブログを始めたこともあり、外での作業性やカッコよさを考えるとsurfaceが1番だなと思い、surface proを買うことにしたのです。

 

1番お得に買える方法を考えていくつか比較した結果、楽天市場で買うのがポイント還元等も含めて1番安くなったので、ポチッといっちゃいました。翌日にはすぐ届いて、感動モノでした。

 

しかし!

 

初期設定中から数回エラーが発生してしまい、やっとこさ初期設定が終わって、わくわくしながらsurfaceを使い始めたのですが、使用中に5分に1回くらいの頻度でブルースクリーンが出現して再起動してしまうのです。

 

f:id:konechan916:20180811142455j:image

 

色々試してみたのですが、全くうまくいかないまま5日間がたち、もうメンタルがヘロヘロになってしまいました。

 

 

サポートセンターもお盆休みに入ってしまい、すぐの対応をしてもらえないので、一旦お盆が明けるまで我慢するしかなくなってしまったのですが、お盆の休み中いっぱいsurfaceで遊びたかったので、ちょっとがっかりしちゃいました....。

 

 

今後、お盆明けに購入した店舗とのやり取りを行う予定なので、返品等の過程をまた報告させて頂きます!

 

ZOZOスーツ買ったら思ってたよりだいぶ優れモノだった件

ケンです。

 

待ちに待っていたZOZOスーツが遂に我が家に届きました。

 

6月1日に注文してから丸々2ヶ月かかりました......‼︎‼︎ 長かったぜ。

f:id:konechan916:20180806212502j:image

 

待ちきれず持って部屋に入って早速試してみました!

 

 

 

 

そもそもZOZOスーツとは?

ファッション関係のネットショッピングサイトZOZOタウンが発売している商品です。

 

簡単に言うと、一人で自動採寸ができる全身タイツ、です。

 

 

ZOZOスーツを使って出来ること

一人で自分の体型を正確に測れます!

 

これって実はファッションに詳しくない人にとってはすごくありがたいことですよね。

 

私自身、ゴリゴリの体型ということもあり、なかなか自分に合う服を見つけられずにいます。詳しくないから、自分の体型を客観的に把握することもできてないし、かといってショップの店員さんと会話して、似合う服を探っていくプロセスも億劫です。

 

ZOZOスーツを使うと、自動で採寸して各サイズを算出してくれるので、身丈ってなに?とか、ジャストサイズってどのくらいなのかが簡単にわかってとてもよいです。

 

ZOZOタウンオリジナルのTシャツやオックスフォードシャツ、ジーンズを体型に合わせたジャストサイズで作ってくれるし、他の商品を買う際の参考にもなります。

 

 

ZOZOスーツ到着!

 

8月3日に発送されたとアプリ上で連絡がきて、5日にポストに投函されていました。

 

ポスト投函はありがたいですね。

 

f:id:konechan916:20180806212824j:image

 

パッケージはこんな感じ。

ポスト投函なので、薄め。テンションが上がります。

 

開梱すると、まずは謝罪が。

f:id:konechan916:20180806213111j:image

 

もう着いたことに嬉しくなってるので、どうでもいいよ!許しちゃう!って感じ。

 

 

ZOZOスーツ着用!

いよいよ.......着用!!!!!!

 

 

 

f:id:konechan916:20180809191712j:image

 

 

 

なんともまあ、体型のはっきりすること。

 

ちょっとこれで外に出てみたくなったけど、さすがに止めました。思いとどまれて本当によかった。

 

 

 

体型の計測開始!

事前にダウンロードしておいたZOZOタウンアプリで、測定します。

 

まずスーツを指定通りに着こなせてるか確認します。くるぶしの位置や首が綺麗に出ているかどうかを確認して、正確に測る準備をします。

 

次に撮影の準備です。

f:id:konechan916:20180809191951j:image

 

こんなのが、ZOZOスーツと一緒入ってまして、組み立てるとスマホスタンドになります。地味ですが、気がきく!

 

立てたスマホから2メートルほど離れた位置で、スマホの音声に合わせて位置や角度を調整していきます。

 

立ち位置が確定したら、いよいよ撮影開始です。

 

音声にしたがって、12時の方向から時計回りにその場で回転していきます。リズミカルにシャッター音がなっていくので、なんだか楽しい。

 

そして撮影が終わってちょっと待ったら、計測結果がすぐ見られるようになります。

 

f:id:konechan916:20180809200716p:image

 

これが、私の丸裸です!!

(セクハラです)

 

 

Tシャツとジーンズを注文!

計測した情報をもとに早速注文してみます!

オーダースーツにもかなり興味があったのですが、普段ビジネススーツを着ない職場なのと、まずは安い価格帯の商品でお試ししてみようと思います。

 

まずはTシャツ。

f:id:konechan916:20180809195609p:image

 

現在はVネックTシャツやクルーネック、ポケット付きクルーネックなどに種類が限られていますが、お試しするには十分です。

 

気に入ったデザインと色のものを選んだら、カートに入れるを押します。

 

ここからが、ZOZOタウンの見せ所です。

 

まずは自分の体型に最適なサイズに自動で合わせてくれます。さらに好みに応じて、肩幅や、着丈、首回りなどの微調整ができるようになっています。これが、嬉しい。

f:id:konechan916:20180809200004p:image

 

このあと、注文を確定させたら無事完了です。すごく簡単!

 

今回私は、Tシャツ1枚とジーンズ1枚をそれぞれ買いました。上下それぞれ購入してみてお試しですね。

 

 

感想まとめ

パッケージから、撮影、注文まで、今まで経験したことなかったことを体験できました。すごく楽しかった!

 

あとは実際に商品が届くのを待つのみとなります。わくわく。

 

2週間ほど、かかるということなので今から首を長くして待っています。早くこーい!!

 

 

末っ子のせいで年下との関係がうまく築けないという悩み

逆賊ブロガー ケンです。

 

私は末っ子として育ちました。親戚のなかでも、10コくらい離れたいとこもいっぱいいて、年下のいとこは1人しかいないような環境でした。

 

ですので、年上の方とのコミュニケーションは割と得意な方だと思っています。これまで思い返しても、職場でもおばさま方からは可愛がられ、先輩にはよくご飯に誘ってもらいました。

 

でもこれって狙ってそうなっているわけではなくて、息をするように年上の人とコミュニケーションをしているだけでそうなったんですね。

 

これに対して、年下・後輩の人とのコミュニケーションってすごく難しいと感じてしまうんですね。

 

明らかに年上の方や先輩との会話って、立場があきらかなので、自分が「下の者」というポジションから話すだけで済むんですね。でも後輩や年下の方に対して、自分が「上の者」という立場で話すことは、相手も不快になるし、偉そうな態度になってしまいそうで、できませんよね。

 

そうなると、後輩や年下の方に対して、どういうポジションをとって話していいのかがわからなくて、コミュ障っぽい対応になってしまうんですよね...。

 

これって、これまでの私のコミュニケーションが「ポジション」をもとに行っているのであって、「人」と「人」とのコミュニケーションになっていないのではないか、と思うのです。言い換えると、「後輩」という仮面をかぶって「先輩」役の人との会話をしている、という感覚です。

 

だから、逆の立場になった場合、「後輩」の仮面をかぶってくれない後輩に対しては、うまく「先輩」の仮面をかぶれず、舞台上であたふたしてしまうのです。急に台本にないアドリブをさせられるようなものですね。

 

 

........ここまで、筆を進めて、自分の人間観、コミュニケーション観の底の浅さが見えてしまい、とてもショックを受けています。

 

ちょっと自分の人間観を見直していく必要があると感じた平成最後の夏でした。

 

 

 

 

 

 

遠距離恋愛を成功させるコツ〜お金・時間編〜

逆賊ブロガー ケンです。

 

就職をきっかけに遠距離恋愛を始める人、

ネットで出会って遠距離恋愛を始める人、

など理由は様々だと思いますが、遠距離恋愛をしている方は多いと思います。私の周囲だけでも大学時代からの彼氏・彼女との遠距離恋愛をしている人が5人ほどいます。

 

そんな人たちから私がよく聞かれるのが、

「どうやったら遠距離でうまく関係を続けられるの?」

「遠距離だとだんだん冷めていかないの?」

ということです。

 

私は岡山在住で、東京に住んでいる彼女と遠距離恋愛の末、結婚を決めました。遠距離恋愛自体は3年半ほどで結婚することになりましたが、今後も遠距離婚が続きます。

 

正直私たちは遠距離を始めてから、一度も別れの危機はありませんでしたし、むしろ会う度に仲良くなっている感覚すらあります。

 

そんな私たちの仲良く遠距離恋愛を続けるコツをお伝えして、少しでも日本に幸せな遠距離恋愛をする人が増えたらなと思います。

 

今回は〜お金・時間編〜と題しまして、コツをお伝えしていきます。では早速参りましょう!

 

 

 

 

 

半年先までの予定を先に入れてしまう

 

「次いつ会おうか」「まだ予定わからないから考えとくね」

みたいな会話をされた方がいると思います。私たちもこんな会話をして先の予定を決めるのに、結構引きつけてから考えていました。急に仕事が入るかもしれないとか、家族

の予定が入るかもしれないなどと考えて、予定を立てるのを後回しにしていたんですね。

 

次会う日が決まらないと、どこに行こうとか何をしよう、などといった具体的な話が進みません。

具体的なイメージがわかないと、次のデートに対するわくわく感は起きないですし、わくわくしないとそもそも次に会うことを前向きに考えられなくなります。

 

そこで、私たちは予定を半年先まで決めてしまうことにしました。

 

私たちは大体月に1回くらいの頻度で会っていたので、半年先までの予定を5〜6回分まとめて決めたのです。

 

6月は岡山

7月に東京でディズニーランド

8月は中間地点 名古屋で会う

9月3連休は広島

・・・・

のような感じで日程と会う場所を決めてみました。

 

すると、アレをやりたいコレをやりたいと2人でどんどんアイディアが出てきてとても楽しい時間を過ごすことができました。予定を考えるだけでなく、実際に会った時も、すでに色んなアイディアがあるので飽きることなく濃密な休日を過ごせました。

 

実は半年先までの予定を決めることで良いことがもう1つありまして、それは相手に「あなたとずっと一緒に楽しんでいきたいですよ」ということを強烈にアピールできるということです。実はこれが一番の秘訣なのかもしれません。

 

 

 

 飛行機やホテルは予定を決めた時点で予約してしまう

遠距離恋愛の場合、デートの度に高額の交通費や宿泊費がかかります。私の場合は、岡山ー東京で、新幹線を使ったり、飛行機を使って2〜3万円かかり、1泊2日か2泊3日で会いに行くか、岡山に来てもらうかしているので、毎回4〜5万円かかってしまいます。

特に直前になるとお店やホテル、飛行機や新幹線などの予約が埋まっていたり、費用が高くなってしまいます。

 

先ほどのコツでお伝えしたように半年先までの予定を決めていれば、座席や部屋をきちんと確保できることはもちろん、早割で安い価格で予約することができます。

 

また、早めに予約することで予定を確定させることができるので、それにあわせて他の予定を決めればよいですし、航空券やホテルが決まっているので安心感があります。

 

是非早めに予約して、安心と安いチケットを買いましょう。

 

 

交通費・宿泊費は折半する

多少収入に差がある程度でも交通費と宿泊費だけは折半したほうがよいです。

会うだけで大きな負担が一方にかかってしまっては、どうしても足が遠のいてしまい、ほんとは会いたいのに、いつもお金のことが頭をよぎってしまいます。

 

収入に差があるのであれば、食事代や遊ぶお金を出す割合で調整するといいと思います。

ちなみに私の場合は、彼女が私よりちょっと収入が多いので、食事代含めてほぼ折半してもらってます。本当にありがたい。

 

 

 

 

是非、試してみて下さい!

『おじさん』に対して思うこと。「もうあなたに価値観揺さぶられる事ないので黙っといて下さい。」

逆賊ブロガー ケンです。

 

私は岡山と東京で遠距離婚をしています。

 

大学時代に東京で出会い、就職して岡山配属になったのをきっかけに遠距離スタートさせ、現在に至ります。

 

はじめの頃は、遠距離恋愛もいいねー、なんて思っていました。

 

毎回旅行気分で彼女に会いに行けるし、月一回くらいしか会えないので毎回新鮮な気持ちで会える。当然マンネリを感じることもありません。

 

しかし、結婚を考えるにあたって、遠距離というのは障害でしかありませんでした。

 

そもそも一緒に住むことができない。

双方の両親への挨拶の段取り、結納の段取り、結婚式の段取りや打ち合わせなど、タイミングと時間が限られる。

子供を持つにも2人で育てることができない。

 

 

そこで、私は結婚を決めた時点から会社に、本社のある東京への異動希望を出していました。

上司との面談でも毎回異動希望の話をしています。

 

そんななか、上司はじめ『おじさん』たちは私にこう言ってきました。

 

「奥さんいつこっちに呼ぶの?」

「一緒に住めないんだったら結婚する意味あるの?」

「奥さん仕事はやめるの?」

 

こんな言葉をかけられるたびに私には失望と怒りが沸々と湧いてくるのです。

 

私と妻は、岡山と東京の遠距離婚を選択しました。有能な妻のキャリアを犠牲にした家庭生活に意味を感じないし、まだお互い若く周囲よりも早めに結婚を決めたので、子供を持ったりするのに数年後でも遅くないと判断したからです。

あとは単純に一馬力での家計にも不安があります。正直今後一つの収入源に頼るのはリスクが大きすぎて考えられません。

 

おそらく『おじさん』たちは、自分の経験や価値観をもとに、思慮の浅い若い子に教えてやる、ぐらいのつもりでそんなことを言っているのだと思います。

 

しかし、自分の人生をかけて決断して、先が見えないなか前に進もうとしているのに、真剣に考えていないわけがありません。

 

世代論にしたいわけではないので、ここでは価値観の凝り固まった人たちのことを『おじさん』と表記していますが、『おじさん』たちにとっての当たり前と私たちにとっての当たり前に乖離がありすぎて、理解してもらえない絶望感があります。

 

結婚したら一緒に住むのが当然、

結婚したら子供を産むのが当然、

結婚したら夫の仕事を優先するのが当然、

大きい会社に入って一生同じ会社で勤めるのが幸せ

 

全て認識が化石化した『おじさん』の考え方だなと感じます。

 

辞令ひとつでどこにでも飛んで行く、

わかっていたことですので会社の制度自体に文句は言えませんが、夫婦共働きが当たり前の今、家族の犠牲の上に成り立つ制度は限界を迎えていると思います。

 

会社としても個々の事情に柔軟に対応していくことが求められるし、そうでないと優秀な人材は必ず流出していくと思います。

 

 

そして、『おじさん』に対して思うこと。

 

「もうあなたに価値観揺さぶられる事ないので黙っといて下さい。」

 

価値観のアップデートをやめた人間とは、話しても得られるものはありません。そのような人間が人の人事権を持っている状況は、個人にとっても会社にとっても、ひいては国にとっても憂うべき状況に思えます。